おやじギャグを英語で言おう!(例題付き!)

暑い夏には涼しくなり、寒い冬には凍死させる威力を持つ。そう、それがおやじギャグ。

みなさん、おやじギャグは好きですか?お父さんや上司から聞かされてウンザリしてますか?愛想笑いしてますか?マジで笑っちゃってますか?それともおやじギャグ言っちゃう側ですか?

え?Shikiは……(*´Д`*)モジモジ…

あんた言う側や!!!ブログ読んでたら誰でもわかるわ!( ̄Д ̄;)恥じらう意味がわからん…

はい。そんなShikiも大好きおやじギャグ。実は英語にもおやじギャグがあるんですよ!

スポンサーリンク

おやじギャグを英語で言うと?

日本人は本当にダジャレが好きですよね。日本で売ってる家電や薬、お菓子などの商品名はだいたいダジャレ。Kateが「日本はダジャレで溢れてるわよね。楽しいわ♪」と喜んでいます(笑)

ダジャレは英語でpunと言います。そしてpunもいっぱい使われている「おやじギャグ」の英語も紹介しましょう。おやじギャグは英語で…

dad joke!!!

うわぁ〜そのまんま!Σ(゚Д゚ノ)ノ

オヤジがしょーもないのは万国共通だった!!!

たまりませんね。英語でもそのままだなんておやじギャグ好きとしては、なんだかオラわくわくすっぞ!

(・ω・)ひゅーーーー…

あー、もう、ほらぁ、寒くなった。冬が一気に近づいた。急に孫悟空なんか出すから…。

と、とにかくおやじギャグは英語で dad joke と言いますよ!

Matthewも大好きおやじギャグ!

私が dad joke と言う英語を知ったのはMatthewの一言からでした。
その時私は眠かったので、I’m sleepy… と呟いたんです。
するとMatthewが “I’m Matthew.” と言いました。

Σ(゚Д゚;)

私は一瞬意味がわからず、What are you talking about? (何言ってんの?)とつっこみました。

つっこんで正解だったようです。Matthewは嬉しそうに、

This is a dad joke!

と言いました。

Shiki: ん?dad joke?

Matthew: そうだよ。日本語ではおやじギャグって言うんでしょ?英語では dad joke って言うんだよ!同じだね!

と満面の笑みで話します。

「子供が I’m hungry, dad! と訴えると、だいたいのパパは、Nice to meet you, hungry! I’m Dad! って返事するんだよ。子供が初めて知るおやじギャグなんだ!」と続けて教えてくれました。

っしょーーーーーーもな!私の大好物ですわ ( ̄∀ ̄)この寒い感じたまらんです!

代表的(?)なおやじギャグ

他にもMatthewからおやじギャグを教えてもらいましたよ!少し紹介します。わかるでしょうか?まずは英文だけ載せますよ!

  • Why couldn’t the bicycle stand up by itself?
    It was two tired.

  • Why don’t skeletons ever go trick or treating?
    Because they have no body to go with.

  • I used to work in a shoe recycling shop. It was sole destroying.

どれもこれもしょーもないですね!わからなかった人の為に日本語訳をつけて説明していきますよ。

  • Why couldn’t the bicycle stand up by itself? (どうしてこの自転車が自分で立つことができなかったかわかる?)
    It was two tired. (2輪だったから、疲れてたから)

two tires(車輪が2つ) と too tired(ひどく疲れた) をもじったシャレですね。車輪は3輪以上ないと自立できないし、疲れすぎると立つことすらできなくなりますね。

  • Why don’t skeletons ever go trick or treating? (どうしてガイコツ達は”トリックオアトリート”しに行かないの?)
    Because they have no body to go with. (それは体がなくて出かけられないからだよ)

体がなけりゃ動けませんもんねぇ。。。

さらに have to go with 〇〇 で、「〇〇に同意せざるを得ない」というフレーズがありまして、no body(体がない) と nobody(誰もいない) をかけて「誰もいたずらすることに賛成してくれないから出かけられない」という意味もかかってるのかなぁ?と思ったのですが、Matthewも最初の説明しかしなかったので、そこまで複雑ではないのかもしれません。受け取る人が自由に解釈していいと思います。

  • I used to work in a shoe recycling shop. It was sole destroying. (昔、靴のリサイクルショップで働いてたんだよ。超つまらなかった)

これは私には難しかったのですが、soul destroying とかけているそうです。soul destroyingとは「この上なくつまらない」と言う意味だそうです。魂が壊されるほどつまらないんです。ヤバイですね。
中古の靴を扱ってるので、sole destroying(靴底が壊れてる) と soul destroying(つまらなすぎる) をかけているのです。

おまけのおやじギャグ①

私が苦笑してしまった dad joke はコレです。Matthewと私のやりとりと似てるので日本語訳はつけないでおきますね!

I’ll call you later.
Don’t call me later, call me Dad.

思春期に父からこんなこと言われたらめっちゃ腹立ちますわ(笑)

おまけのおやじギャグ②

もうひとつ、これはEmmaのお父さんが教えてくれた dad joke です。私が「楽しい時間はあっという間に過ぎるね」と言いたくて Time flies! とFacebookに書いた時の返事です。まさに dad joke!!

Time flies like an arrow, fruit flies like a banana.
(光陰矢の如し、ショウジョウバエはバナナが好き)

Time flies like an arrow. は、矢が飛ぶように時間が早く過ぎる。という意味ですよね。flyは「飛ぶ」の他に「ハエ」という意味もあるので、like(~のように)と like(好き)をかけてジョークにしています。アメリカではポピュラーなギャグだそうです。しょーもな。

余談

とまぁMatthewから色んなおやじギャグを教えてもらいましたが、一体いつ使う日が来るんでしょうね??

ちなみに夫Hiroyukiは、Matthewに布団がふっとんだ、猫が寝込んだなどのおやじギャグをレクチャーしておりました。Matthew大喜び。一年前に教えたのに、会うたびに布団がふっとんだ!と叫んで、ひとりでドヤ顔します(^^;;

おやじギャグで国際交流。意外とイケるかもしれませんよ。皆さんもお試しあれ。

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです(*^^*)

フォローお待ちしています!

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA