Jesus(ジーザス)とは言わないほうがいい

シェアする

私のニュージーランド人の友達Matthew(20代・♂)がよく言うのです。

“Jesus!”

行きたかったお店が休みだったり、自販機でお札が使えなかったり、電車が遅延して来なかったり。そういう時に悔しそうに言ってます。なんとなく男の人が使う言葉なのかなぁ?と思ってはいたのですが、覚えた言葉はとにかく使いたい私。ちょっと悔しいことがあった時に自分のFacebookの日記で使ってみましたよ。

すると私の英語の先生とも言える別の友達Steveさん(40代♂)からメッセンジャーに通知が。「Shikiさん、Jesusをそのように使うと気を悪くするクリスチャンがいます。気を付けてくださいね。」と教えてくれました。えぇ、それはもう上手な日本語で。私は急いで消して “Oh my god!” に差し替えようとしましたが、この流れからGodも使いづらいなぁと思って “Oh no!”に替えました。無難なり。

Jesus!(ジーザス) は、イエス(キリスト)の英語読みで「神様お願いします!」という意味で使われるそうですが、転じて「なんてこった!」とか「くそったれ!」という表現でも使います。冒頭に出てきた友達は「なんてこった!」の意味で使っていました。友達の間で使うには問題ないと思います。でも私はFacebookに書いてしまいました。。。私のFacebookは友達のみの公開ですが、友達の宗教までは知りません。敬虔なクリスチャンもいるかもしれないですよね。使うべきじゃなかったです。

でも実は “Oh my god!” は使っても指摘されたことはないのです。 Jesus! は直接的で強すぎる言葉なのかも。。。
ちなみにOh my god!を避けるために Oh my gosh!Oh my goodness! と言う人も多いです。

知らないとは恐ろしいことです。でも失敗しないとわからないこともいっぱい。間違いを教えてくれた友達に感謝です。みなさんにもこの情報をシェアすることができましたし。みなさんお気を付けくださいませ。

Jesus2

~おまけの英語~

「敬虔なクリスチャン」を英語で言うと、a pious Christian です。発音を無理やりカタカナで書くと「パィァス」という感じになります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA