ネイティブっぽい!相手を褒める英語

今日もとってもとってもオススメな英語のフレーズをご紹介します!
実際に英語ネイティブの友達と話してて、本当によく聞く、そして私自身もよく使うようになった「相手をほめる」英語です。このフレーズを使えるとすごく英語慣れしてる人になれます!ぜひ覚えてください(^^)

スポンサーリンク

英語のコミュニケーションはほめること!

実はこれは英語を話す上で本当に大切なことなんです。ネイティブの人達は息をするように人をほめますよ!(笑)

今はもう慣れましたが、最初はほめられるのが恥ずかしかったです。ささいな事でも本当に大絶賛してくれるので、背中がむずがゆくなるような気持ちでした。

でも英語圏ではほめることは当たり前のことで、ほめることで相手を認める、尊重する、大切にしているという意思表示なんだなぁと気づきました。何も言わなくてもわかるでしょ?はダメです。わかるけど言葉にするのが英語圏の文化なのです。きっと。

では、ほめましょう!

You’re the best!

私が Matthew によく言われる言葉は You’re the best! です。「あんた最高だよ!」って意味です。Matthewが我が家で数日過ごしたり、誕生日にメッセージカードを送ったりすると、彼はいつもお礼の言葉と共に You’re the best! と言うのです。It was nice time! Thanks, Hiro and Shiki! You’re the best!” と言う感じです。こんな事言われたら嬉しくなりますよね!

You’re so sweet! (So sweet!)

Kateからよく聞く言葉は So sweet! です。
Kateが風邪で寝込んでる時に「大丈夫?近くに住んでたらかけつけられるのに」とメールしたり、こっそり誕生日サプライズを用意した時などにこの言葉が返ってきます。

この sweet を日本語に当てはまるのは難しいですよ。素敵だわ!優しい!思いやりがあるのね!など、全部ひっくるめた感じの意味なんです。心が温まった時に使うのにぴったりの言葉です。女性がよく使いますよ。男性が使うのは女性をほめる時だけだと思います。男性から男性に言うには甘すぎる言葉かなぁと思います。sweetだけに (≧∇≦)ブハハハハ!( ´д`ll)別に面白くないですけど…

単純に「やった!」「よかったね!」と言う意味で Sweet! と言う時もありますよ。その場合は男女共に気楽に使える言葉です。ニュージーランドでは Sweet as! と言うことが多いです。これはNZのスラングですが、もちろん悪い言葉ではないのでどんどん使ってください!でも方言のようなものなので、アメリカ人の前で使うと分かってもらえないかもしれません。ご注意を。

You’re nice!

Emma からはこの言葉をよく聞きますよ!
あなたっていい人ね!という感じの意味です。素敵という意味も含みます。彼女は私に他の友達の話をする時も He’s nice! She’s nice! とよく言います。一言で素敵な人、いい人なんだとわかりますよね。

英語初心者にもおすすめの言葉です。best や sweet は日本人からするとちょっと大げさっぽくて言うのが恥ずかしい…と感じる人もいると思いますが、nice なら気軽に言えますよね!お店で店員さんが親切に対応してくれた時にも使えるので、旅行先でもおすすめの英語ですよ(*^^*)

You’re so talented!

この言葉も上の3人やSteveさんがよく言ってくれます。私の描く当ブログの挿絵や、旅先で撮った写真などを見て言ってくれるんです。すごい才能だよ!とか、素晴らしい!といった感じの意味ですね。

この他にも You’re clever! と言ってくれる時もあります。clever って賢いと言う意味で覚えていますが、才能あるわね!といった意味でも使っているようです。

こんな時にも!?ほめるシチュエーション!

お医者さんや店員さんを褒める

私がびっくりしたほめるシチュエーションなのですが、病院でお医者さんに診察してもらった後にもお医者さんをほめるのです。

私はNZワーホリ中、体調を崩し病院に行く機会がありました。英語がダメダメだったので、NZ在住の日本人の友達に通訳をお願いして付き添ってもらいました(彼女は海外生活もかなり長い英語ペラペラの人です)。診察が終わった時にその友達がお医者さんに Excellent! Thank you. と言ったんです。体調不良で歩くのもつらいほど苦しんでる時に「お医者さんのこともこうやって褒めるんだ!英語ってなんかすごい!そして友達かっこいい!」と感動した事が忘れられません。

お店の店員さんのこともほめますよ!お客さんが店員さんに何か質問をして、それを丁寧に答えると、お客さんは “Excellent. Thank you.” とお礼を言います。そういう場面を何度も観ました。サラリと excellent という言葉が出るのは素敵だなと思います。

道案内でもほめる

同じくNZに住んでいた時や日本で接客業をしていた時、観光客の方によく道を聞かれました。「バス停はどこ?」「コンビニはありますか?」それに答えると、Great! Thank you so much. や、You’re amazing. などと言われました。道を教えただけで amazing です!私の中では amazing はすごーーーく崇高な言葉だと思っていたので、amazing ってそんな簡単に言える言葉なの!?とびっくりしました。( ´д`ll)湯水の如くamazing…

ちょっと変わった褒め言葉も

Emmaによく言われるんです。You’re interesting. って。私は好奇心旺盛で、とにかく楽しいことをやりたい!という気持ちをいつも持っているので、EmmaやKateに色んな提案をします。彼女たちと食品サンプルを作りに行ったり、いちご狩りに誘ったり、一緒に餃子を作ったり。若い彼女たちには初めてのことをたくさん一緒に体験しました。彼女たちは本当に楽しそうで、いつもとても感動していました。

そしてEmmaが私に You’re Interesting. と言ったんです。もちろん褒め言葉です。これを聞いた時は嬉しかったですよ。楽しんでくれてるんだなぁとわかって。

敢えて訳さないでおきますね。ニュアンスでわかってください (*^^*)英語脳のできあがり!

まとめます

というわけで、英語でコミュニケーションを取る時はとにかく褒めましょう!
感動すれば褒める!
感謝と共に褒める!

You’re the best!
You’re so sweet!
You’re nice!
You’re so talented!
You’re clever!
Excellent! Thank you!
Great! Thank you!
Thank you! You’re amazing!

他にもほめる言葉はごまんとありますが、この辺りを覚えておけば、相手をほめたい時にパーフェクトな状態で言えますよ!

あ、Perfect! Thank you! (完璧だ、素晴らしいよ!ありがとう!)という感謝の仕方もありますね!

とにかく恥ずかしいという感情は捨てて、相手をほめてほめてほめまくりましょう!あなたも相手も気分がよくなりますよ!英語文化って気持ちがいいですね(^^)

スポンサーリンク

シェアしてくれると嬉しいです(*^^*)

フォローお待ちしています!

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA