魔法の言葉How do you say? ~英語でなんて言うの?~

シェアする

今日はアナタにとっておきの魔法の言葉を授けましょう。
この言葉を唱えてもラピ〇タが爆発することはないのでご安心ください。唱えれば唱えるほどアナタの英語レベルがアップします。覚えておかないと絶対損です!絶対に覚えてください。
知りたいですか?知りたいですよね?ふふふふ。では特別に…

ってもうタイトルに書いてた!失敗したっっ!!( ゚Д゚;)しまった!

というわけでもったいぶらずに説明します。

How do you say?
発音をカタカナで書くと「ハゥドゥユセイ?」です。

これを知っておけば、もうあなたは会話に困りません。というか困った時に非常に役に立つフレーズです。
「(英語で)どう言うの?」という意味です。How do you say 〇〇 in English? がきれいな英語ですが、会話の相手が英語ネイティブなら、in English なんて言わなくても英語のことだなとわかるので省略しても大丈夫です。覚えるのも簡単だし♪ 〇〇の中には知りたい言葉の日本語(相手が日本語が分かるなら)を入れます。”How do you say おはよう in English?” という感じです。”We say good morning.” と答えてくれます。

会話中、英語でなんて言えばいいのかわからないという単語やフレーズは山ほど出てきます。そういう時に「あーー、単語が出てこない!こんなんであんなんでそんなんなんだけど、(英語で)なんていうの?」と聞けば、相手は快く教えてくれますよ。

例えば、アジサイの英語が出てこない時、”Um… I have no idea!! How do you say? It is a kind of flower, in rainy season, sometimes it changes color. ” という感じで聞くと、”Oh, I see! Hydrangea.” と答えてくれます。聞き方だってきちんとしたフレーズでなくていいんです。How do you say? と言って、自分がわかる単語をひたすら言い続けていれば相手はきちんと推測して「あ~、わかった。アジサイのことだね!」って答えてくれます。

もちろんジェスチャーしながら聞いてもOKですよ。目の前に知りたいものがあるなら指差して “How do you say (that)?” と聞くのもいいですね。私はしょっちゅうジェスチャーします。おかげですっかりリアクションが大きくなりました。たぶんハタから見ると変な人だと思います(T_T)

この How do you say? の呪文、NZに住んでいた時から本当によく使っていましたが、さらにもうひとつ “How can I say?” や “How do I say?” というフレーズもよく使っていました。こちらは「あ~~なんて言えばいいの~~!」と、もどかしい気持ちの時によく言ってました。カタカナで書くと「ハゥケナィセイ!」または「ハゥドゥアィセイ?」という感じです。聞いているというより、独り言のような感じで使っていました(このフレーズで質問しても答えてくれると思いますよ)。

何度も How do you say? と書いたので、何度も読んで覚えてくれたと思います。何度書いても、何度読んでも、何度唱えてもよい呪文、How do you say? あなたの英語レベルアップのお役に立ちますように(^o^)

how do you say*You mean は、ここでは「あなたが言いたいのは~のことね!」という意味です。Hydrangeaは「ハィドランジャ」という感じの発音です。

~追記~

How do you say? の代わりに What’s this?(ワッツディス?) って言っちゃだめなの?と思っている人もいると思います。たぶん大丈夫です。でも What’s this? は「これは何?」というそれ自体を知らない(初めて見るもの)という聞き方になるのでちょっとニュアンスが違うかな~とも思います。ご参考までに(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA