断る英語はNo thank youよりも・・・

シェアする

No, thank you.

何かを提案されてお断りする時に言う言葉ですよね。
私もずっと No, thank you. と言い続けていました。でもアメリカの人たちはどうやら違う言い方をするようですよ。

先日アメリカ人の友達がうちに泊まりに来ました。お茶をして「Another cup of tea? (お代わりいる?)」と尋ねると “I’m okay.” と言いました。一瞬意味が分からなかったのですが、「あ、”もういいよ”ってことなんだ」と理解しました。

夜、シャワーの後に「オレンジジュースあるけど飲む?」と訊くと、やはり “I’m ok, thank you.” と言いました。あぁ、No thank you.って言わないんだなぁと気づきました。他のアメリカ人の友達も同じように I’m ok. と言っていました。

私も以前から、thank youをつけててもNoって言うのはなんかいやだなぁ、他に言い方ないのかなぁと思ってたので I’m ok. という言葉は、やんわりと要らないことを伝えられてすごく良いなぁと思いました(*^^*) 日本語でも言いますよね。「大丈夫です。ありがとう」って。
もちろん No thank you. でも大丈夫ですよ。

ちなみに、お代わりいる?は Another one?Another tea? で十分通じますが、きちんと言いたい方は How about another cup of tea? とか、Will you have another cup of tea? と言ってくださいね。
Would you like another cup of tea? というととても丁寧ですね。

I'm ok.2

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA