お先にどうぞを英語で言うと?3つのパターンを紹介します!

お先にどうぞって英語でなんて言うんでしょう?

そんなこと言う場面なんてあるの?と思うかもしれませんが、最近は繁華街に出ると必ずと言っていいほど外国人に遭遇します。観光地なんてもう外国人がいないとこ探す方が難しいです。使う場面はたくさん出てきますよ!覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シンプルでわかりやすい「お先にどうぞ」

私が一番最初に知った「お先にどうぞ」という英語は、

You go first.

これは「あなたが最初に行って」というそのままの訳ですね。わかりやすくてすぐに覚えました。実際に使ったこともあります。

バス乗り場で観光客の白人女性に “Does this bus go to 〇〇?(これは〇〇に行きますか?)” と聞かれたので、”Yes.” と答え、You go first. とバスの順番を譲りました。女性は “Thank you.” と笑顔で返してくれました。

ある駅ビルのエレベーターでも白人男性に使ったことがありますよ。にこっと笑顔で譲るとあちらも笑顔で Thank you! と返してくれます。ほんの数秒の国際交流。それでも立派な国際交流。心が和みます。

You go first1

この You go first. は「あなたが先ですよ」「あなたからどうぞ」という意味なので、エレベーターの乗り降り以外に、コンビニのレジや商店街の福引きの順番を譲ってあげる時にも使えます。

ていうか商店街の福引きやっちゃう外国人なんて絶対日本語話せるでしょ!というツッコミは…受け付けます!!\(^o^)/間違いなくペラペラ!

ちなみにラブラブカップルが電話を切る時に、
“You hang up first.(君から切って)”
“No. You go first.(イヤよ。あなたから切って)”
というあま~いやりとりにも使えます。日本人同士でもできるのでぜひお試しを♡ 私はやったことありません。( ̄ー ̄)オッサンとオバハンでやれるかい

このように You go first. は実際にちゃんと通じる使える英語です。ぜひ覚えましょう!

そして私は他のパターンも発見しましたよ!

丁寧な「お先にどうぞ」という英語

英語のリスニングの為に見ているYouTubeで見つけた英語です。

お宅拝見的な番組なんですが、番組パーソナリティの男性が家を拝見する為にその家の中に入る時、家主の人に言うんです。

After you.

このフレーズを聞いた時に「あ、こんな言い方もするんだ!」と、へぇ~と思いました。そしてなんとなくこのフレーズの方が紳士的な感じがしました。

気になったので、MatthewとKateに質問してみました。

You go firstAfter you どっちが一般的に使われているの?と。

NZ出身のMatthewは「どっちも同じくらい聞くよ!でも After you の方が少~~~~~~~しだけ丁寧な表現かな。」と答えてくれました。

カリフォルニア出身のKateも同じく、「どっちも一般的によく聞く言葉よ。」と同じように教えてくれたあとに、このように答えてくれました。

After you の方が丁寧な言い方ね。 You go first はちょっと命令しているように聞こえるかな。そんなに気にしなくてもいいけど。

なるほど。私もちょっとそんな風に思っていました。「先に行って!」って言ってる感じですよね。遊園地のお化け屋敷で怖いから先に行って!と言いたい時に使いそうですよね。(´▽`)なんつー限定的な使い方

あ、でも You go first も笑顔で言えば命令の感じも薄れるので大丈夫です。NZ人のMatthewも少~~~~~~~しだけ丁寧と言ってるくらいですし。これはアメリカ英語とNZ(イギリス系)英語の違いというよりは、女性と男性での感じ方の違いという気がします。

もうひとつの「お先にどうぞ」

Kateがもうひとつ違うフレーズを教えてくれました。

Go ahead.

このフレーズもよく使うそうです。

この go ahead というフレーズもそのまま「先に行って」という意味ですね。これは「お先にどうぞ」以外にも、会話中の相づちで「それで?(話を進めて)」という意味でも使えますし、お酒などを「さぁ飲んで飲んで!」と言いたいときにも言える言葉なので、覚えておくとオトクです。(^^)何かを先に進めたいときに相手を促す英語です

このフレーズもちょっと命令っぽくなりがちなので笑顔を忘れずに! Please go ahead. と please を添えるのもいいですね!

まとめ

You go first.
After you.
Go ahead.

全部ちゃんと通じるのでどれをつかってもOKです。色々使ってみるとTPOによって使い分けられるようになりますし、自分の好きなフレーズを見つけることもできます。覚えた英語は臆せずどんどん使っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアはこちらから!

フォローはこちらから!

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください