ちょっとビックリ!?goodの本当の意味と使い方

リンクユニット広告

みなさん!今日は good という英語の意味についての紹介です。

good の意味なんか日本中のみんなが知ってるよ!

とツッコミを入れたいアナタ!ちょっと待って下さい。アナタが思ってる good とはニュアンスがかなり違うかも知れませんよ!

スポンサーリンク

goodは”良い”という意味、だけど…

私もずーっと思ってました。good は「良い」という意味だと。そして good より great の方がさらに「良い」という意味になる事もわかっていました。

でも頭でわかっているだけで、心からわかってなかった事に気づかされました。

goodは確かに「良い」という意味です。でも場合によってはそんなに「良い」わけではない事に気づいてしまいました。

goodはあくまでもgood

何言ってんの?という見出しですよね。でも私の体験談を読むとこの意味がわかると思います。私が「good って単に good なだけなんだ…」と悟ったエピソードを紹介します。

2018年12月初旬、私はニュージーランドに滞在していました。友達(日本人)の家でパートナーのKiwi(NZ人の愛称)の男性も一緒に、3人でおしゃべりを楽しみました。

でも私の英語ほんとダメダメなんです!ここで偉そうに英語の紹介してますが、会話となると瞬発力のなさ、NZ英語の速さ、男性のボソボソした話し方に手こずって、ほんと会話に苦労しました。

でもそのKiwiの兄ちゃんは「キミの英語は good だよ!」とほめてくれるのです。

good とほめられると安心します。でも自分では「全然 good じゃないし!やっぱり外国の人はお世辞が上手いなぁ…」と(NZでは)自分が外国人のくせに「外国人のリップサービスすげぇー!」と思ってました。

Kiwiの兄ちゃんが用事で外出した時に、友達と二人になったので日本語の会話に戻しました。

その時に「みんな私の英語は good だって言ってくれるけど、自分では全然そう思わないんだよね。みんな褒めるのうまいよねぇ〜」と言うと、友達は

「Shikiの英語は本当に good なんだと思う。ちゃんと意思の疎通ができてるし、言葉に時々つまるところはあったり、聞き取れない部分があっても、ちゃんと聞き返して確認もするし、何も問題ないから大丈夫なんだよ!本当に英語ができない人はまったく会話にならないんだから」

と言ったんです。
私はその瞬間に、「あ!good ってそういう意味なんだ!」と理解してすごく納得しました。そして彼らがお世辞を言ってるわけでもなく、本当に good だと思っているんだ!ととても安心したのです。

意味わかりましたか?

goodのニュアンス

このエピソードでなんとなく分かってもらえたと思います。

good は「大丈夫」というくらいの「良い」というニュアンスだと言うことを。

すごくイイ!でもなく、素晴らしい!でもなく、大丈夫!なんです。「可」くらいの意味なんです。

褒め上手の彼らなら、すごく良いなら greatexcellent という言葉を使うんです。

それに気づいた時、本当に納得して、褒められすぎてるわけではなかった事に安心しました。同時にやっぱり私の英語は「可」程度なのね…とちょびーっとだけ落ち込みました。(´・ω・`)アンタ英語堪能と思ってたの?

good の持つ意味、ニュアンスわかってもらえましたか?

でも待って?good boy って子供や犬を褒めたりするあの言葉は褒めてないの?( ´д`ll)褒めてないなんて子供かわいそう…

もちろんシチュエーションによっては great に近いくらいのほめ言葉になる事もあります。Good boy! なんかは「いい子ね〜」と本当に褒めてるんだと思います。でもこれも決まり文句みたいなものなので、めっちゃ褒めてる!というところまではいかないのかなぁ?という感じです。どちらかと言うと「いい子いい子♡」と愛情を伝えてる感じでしょうね。(Shiki的見解)

「おいしい」を意味する good も「普通においしい」くらいのニュアンスだと思います。すごくおいしかったら So good! と so がついたりします。

Good job! という言葉もよく聞きますよね。あれも「お疲れ様!」「よくやった!」くらいの感覚で、ほんとに素晴らしい事を成し遂げたなら Great job! と言ったりするでしょう。

good はほめ言葉と言うよりは、相手を認める言葉なんだなと気づきました。気づかせてくれた友達に感謝!

*とてもNZらしいポテチ

まとめ

good と言われて、「そんなに褒めないで。逆にプレッシャーだよ!」と相手の言葉をお世辞と思ってしまっていたあなた。相手は本当にあなたの事を「大丈夫」と認めているんです。お世辞じゃないし、ほめまくってるワケでもないとわかれば、気負いする事もなくなりますよね。

great じゃないんだ…と落ち込んでるでしまうかも知れませんが、相手は本心でOKだと言ってくれてる事を悟って自信を持ってくださいね!私も自信持とうと思います!

ちなみにKiwiの兄ちゃんは Your English is quite good! と言ってくれました。quite って「かなり」という意味です。うーん、自惚れちゃおうかなぁ?(*ノ∀`*)でへへ、でへでへ♡ (´・ω・`)気持ちわる…

スポンサーリンク

シェアはこちらから!

フォローはこちらから!

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください