海外(英語圏)の横断歩道の渡り方

海外では日本とはルールの違うものがいくつもあります。交差点の渡り方もそのひとつ。海外旅行で困らないように、私の経験からの情報をご紹介。

スポンサーリンク

横断歩道は人が優先

横断歩道がある場所では人の横断が優先です。人が道路を渡ろうとしている時は車は必ず止まって、人を渡らせてあげなければいけません。

これは日本でも同じルールですが、ほとんどの車はそのルールを守ってないですよね。人も車優先に慣れてしまってるので、横断歩道の前でも車の流れが終わるまで待つのが当たり前になってます。たまに止まってくれる車がいたら「わぁ!優しい!」と感動してしまうくらいです(笑)

でも海外(英語圏)ではそのルールは徹底されていますよ。

最初は律儀に待っていた

私がNZに住み始めてすぐの頃、横断歩道を渡ろうとして車が通り過ぎるのを待ってたら、車が止まってくれたんです。でも私は日本の感覚でいたので、「え!この人すごい優しい!止まってくれた!」と感動して、ありがとうの意味で会釈してから急いで渡りました。

また別の場所で横断歩道を渡ろうとすると、また自動車は止まって先を譲ってくれます。私はまた「わぁ、この人も譲ってくれた!NZの人ってなんて親切なんだろう!」とめちゃめちゃ感動して、それだけでNZが好きになりました(笑)

後にそういうルールだということを知りましたけどね。

止まらなかったら罰金

海外の交通ルールは非常に厳しくて、横断歩道で止まらなかったらきっちり罰金を取られます。日本みたいに甘くないんです。本当に厳しいし、酌量の余地もありません。きちんと守らないといけないルールなのです。

なので、横断歩道は堂々と渡ってOKです。

私はNZとアメリカ(ハワイ、グアム、サイパン)しか行ったことはないですが、そのルールは徹底されていました。

私も堂々と渡ればいいのに、つい日本での習慣で急いで渡ってしまったり、会釈したり、アイコンタクトでありがとうのサインを送ったりしてしまいます。会釈とかは要らないですが、Thank youという口を作って感謝の意を伝えるのは良い事だと思います(^^)お互い気持ちよく!

でもたまに譲ってもらえずにブォーンと走り抜ける車もあるので、やっぱり注意は必要です。止まってくれないドライバーはだいたいアジア人です。ルールを知らない旅行者だと思います。その車に轢かれないように注意してくださいね。そしてレンタカーに乗る人もいるでしょうから、横断歩道に人がいたら絶対に止まって譲ることを守りましょう!

*ニュージーランド・オーストラリアではこのオレンジのポールのある横断歩道で人が優先されます。

その他気をつけておきたいこと

街を歩く上で注意しておくべきことを数点まとめました。海外旅行を楽しむ為に覚えておいてくださいね!

信号のある交差点

海外の信号は交差点の脇にあるボタンを押さないと歩行者信号が作動しないことが多いです(日本の押ボタン信号と同じです)。青になるのをボーッと待っててもいつまで経っても信号が変わらないのでご注意を!( ̄▽ ̄)私はきっちりやらかしましたよ

そしてNZの歩行者信号は青になった途端にまた赤に替わって点滅します!その間に人は交差点を渡ります。

私は最初わからなくて、信号が青になったので渡ろうとしたら赤になって点滅し始めたので「え?いきなりもう赤!?ていうか点滅!?どういうこと!?渡れないじゃん!!!」と渡るタイミングがわからず渡りかけたけどやっぱり戻って見送りました (;´Д`)ムリっす… 次の青でダッシュして渡りましたが、みんなのんびり歩いて渡ってたので、NZの信号は点滅してる間に渡り切れって事なんだなと理解しました。

その後交差点でダッシュしてる日本人を見かけると「あ、入国したての人だ」とすぐわかって面白かったです。(^^)NZあるある

この信号はオーストラリアも同じなので、オーストラリアに行く人も覚えておいてください。

アメリカでは青じゃなくて白信号です。NZと同じく白(歩行可)になったとたんに赤の点滅に変わりますが、赤になるまでの残り時間が表示されるのでわかりやすかったです(最近はNZも時間が表示されてます)。

歩きスマホに注意

本当に気をつけましょう!というかダメです!!!( ゚Д゚)日本でもダメ!
海外でトラブルを起こすと大変な事になります。強制送還、以後入国禁止だけで済めばいいですが、逮捕なんかされたら英語で弁解するのも大変だし、通訳や弁護士雇ったりも大変です(私は盗難被害の届を出すだけで苦労しました)。海外は日本みたいに違反や犯罪に甘くないです。助けてくれない警察官も多いですし、警察に捕まったら容赦ないし、関わる事のないように規律は必ず守りましょう!

歩きスマホが罰金対象の国も多いです。ごっついイカツイ警察官に睨まれたくなかったら、スマホは立ち止まって邪魔にならない場所で確認してください。

ちなみに歩きスマホの英語は Texting while Walking または Smartphone Zombies と言いますよ。ふらふらのそのそ歩いてる姿はゾンビみたいですよね。(´ω`)言い得て妙

自転車で歩道を走ってはいけない

これも厳しいですよ。自転車レーン、または車道の一番端を方向を守って走りましょう。日本は歩道を走ることも逆走することも見て見ぬふりをしてもらえますが、海外はしっかり罰金取られますよ。気を付けてください。

まとめ

横断歩道は人が優先で渡っても良いですが、事故に遭わないように確認はきちんとしましょう。その他交通ルールに限らず、その国のルールにきちんと従いましょう。

海外旅行を快適に楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

シェアはこちらから!

フォローはこちらから!

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください