一発でわかる!overwhelmの意味と使い方

英語には意味はわかるんだけどどんな時に使えばいいのかイマイチよくわからない単語やフレーズってありますよね。辞書などで文字を見て単に覚え込むより、シチュエーションを浮かべて頭の中で映像化(画像化)した方が簡単に理解できたりします。

今日は overwhelm のイメージをつかんでもらおうと思います。

スポンサーリンク

匂いにやられた話から

Emmaと出かけた時のことです。ショッピングセンターのある場所から、せっけんの強い香りが漂ってきました。ありますよね。すごい香りが3軒隣のお店まで漂ってくるせっけんやシャンプー、ボディローションなどが売っているお店。海外から来た人気店。名前は伏せますよ。

Emmaはこの香りをいい匂い♡と言って喜んでいます。私はあの匂いが苦手なんです。Emmaは「え?どうして!?すごくいい香りじゃない?」と驚きますが、私は「ちょっと強烈すぎない?あの匂いにうわぁ~~~ってなる!」と体をのけ反らせました。その時の英語は too strong smell と言ったと思います。

そしてEmmaが教えてくれました。「Shiki、そういう時にぴったりの言葉があるわよ!overwhelm っていうの。すっごく強くて耐えられないっていう今のShikiの状態のことよ。」

The smell is overwhelming.

I’m overwhelmed.

というように使うそうです。
overwhelm を無理やりカタカナで書くと、オゥヴァウェゥです。オゥはアゥという発音に近いですよ。

私はEmmaからその場で教えてもらったので、英語のまま、感覚で理解しました。あとで overwhelm を英和辞書で調べてみると「圧倒する」という意味でした。納得です。

でも私は体験の中でこの単語を覚えたので、圧倒するという言葉より「うわぁ~~ってなる状態」という感覚の方がしっくりきます(笑) この感覚とこの単語がぴったり一致するのです。

感情が高ぶる話から

overwhelm という言葉を覚えてから度々見聞きするようになりましたが、さらに納得する使い方を覚えたのは Kate の言葉からでした。

詳細は伏せますが、KateがFacebookで自分の気持ちを投稿していました。すごく寂しくて悲しいことがあったのに全然泣けない。なんでなんだろう?という話でした。「その時は寂しい、悲しいという感情がなぜか出てこなかった。でもそれを妹に話しているうちに思いがあふれてきて、涙が止まらなくなった。私は今やっと泣くことができた。」

そんな話でした。その時に、

I’m overwhelmed to cry.

という言葉を使っていました。直訳すると「泣くために圧倒される」という意味ですが、私は前後の文からの解釈で「思いがあふれて泣いた」と受け取りました。やっぱりこれも「うわぁ~~~ってなる状態」ですよね。その状況が簡単に浮かんでKateの気持ちを思うととても切なくなりました。

終わりに

あまり聞き馴染みのない単語なので難しいと思うかもしれません。でも使うシチュエーションがわかれば簡単でとても使える英語とわかってもらえると思います。いくつかフレーズを紹介しましたが、とりあえずこの I’m overwhelmed. というフレーズを覚えておけばOKです。

とにかく、うわぁ~~~っとなった状態の時に I’m overwhelmed. と言えば、あなたが今ちょっと大変な状態なんだなと通じますよ。例として、

・強烈なニオイにやられたとき
・思いがこみ上げて涙が止まらなくなったとき
・社長から「助かったよ、ありがとう!」などとお礼を言われてめちゃめちゃ恐縮してしまったとき
(´▽`)助かったよ~。キミのおかげだ!
(;≧Д≦)ノシ いやそんなそんなそんなそんな、私何もしてません! ←って感じの時
・ゲームでラスボスが強すぎてやべぇ!って思ったとき
( ゚Д゚;;;)やっべ!つっえ!こっえ~~~!! ←って感じの時

わかりましたか?うわぁ~~~ってなりますよね。そんな時にぜひ使ってください!

ちなみに私はブログのアクセス数がぎゅい~~んと伸びた日は嬉しいやらビックリやらで I’m overwhelmed! ( ゚Д゚;;)わわわっ!なんでこんなに伸びてるの!?となります(笑)

スポンサーリンク

シェアはこちらから!

フォローはこちらから!

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA