a/anとtheの違いが米米CLUBの浪漫飛行の歌詞でわかる!

リンクユニット広告

a/anthe の使い分けって難しいですよね。
何がどう違うの? a を the って言っちゃったら何かまずいの?
ネイティブじゃないし使いこなせなくてもなんとかなるでしょ?
文脈で分かるでしょ?

と英語ダメダメだった頃の私は思ってたんですが、たくさん英語に触れていくうちにこれがどえりゃー違うことに気づいてしまいました。

気づいたら気になって仕方ない!そう、

米米CLUBの浪漫飛行の歌詞が!

というわけで、a/an, the の違いを浪漫飛行の大サビの歌詞”You’re just a friend”と一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

冠詞a/anとtheはこんなに違う

a/an や the のことを冠詞と言います。
名詞の前に来るから冠詞。名詞の頭に来るから冠詞。
名詞が冠かぶってるみたいだから冠詞。(´Д`)ほんまかいな?

細かく言えば theは定冠詞、a/an は不定冠詞と言いますがその辺はまぁ覚えなくても生きていけます。|( ̄3 ̄)|文法用語は嫌い

私は、「a は”一人の”とか”一つの”って意味でしょ? the は最初に出てきた人や物を次から説明する時に使うやつでしょ?
This is my favorite book.
The book is very interesting.
って感じで使えばいいんでしょ?」

くらいしかわかってませんでした。なので、
This is a book.
This is the book.
の違いはまったくわかりません。この違いを説明しろと言われても「は?」です。(  ̄ー ̄ )違うんだろうけどわからん

でも今の私は違います。この違いがすごすぎて、邪険に見ていてすいやせんでしたーーー!!!orz って土下座して謝りたい気持ちです。それくらい違います。

book(本)ではこの謝りたいニュアンスを伝えにくいので、Japanese という単語でお話ししていこうと思います。

I am a Japanese.
I am the Japanese.

この2つ、ものすごい違いがあるんです。
どちらも「私は日本人です。」と訳せるんですけど、後者はもうどえりゃーすごい日本人です。どえりゃー。でら。ぶち。なまら。ごっつ。がばい。いきなり。べらぼう。(  ̄ー ̄ )もうええわ

I am a Japanese.
と言うと、「私は一人の日本人です。」という意味です。日本国民です。1億3千万人いる中の一人です。えぇもうなんてことない普通の日本人です。という感じです。

しかし、

I am the Japanese.
と言ってしまうともう大変です!でらです!なまらです!べらぼうです!( ´д`ll)もうええて
ニュアンス的には、

我こそが日本人!私が典型的、模範的な日本人!私を見れば日本人の何たるかがわかる!他の日本に住んでるやつらなんてただ日本語しゃべってるだけの人。あれを日本人なんて言っちゃ日本人の名が廃るってもんよ。わ・た・し・が “日本人” だから!

くらいの唯我独尊、唯一無二の日本人になってしまいます!( ´д`ll)お釈迦様もびっくり

a/anとtheの違い、これくらい違います。

a/anは単なる一つのもの。特に特徴もなく、主張もなく、イメージ的にはぽつんとしている感じです。

theは「まさに!」「これこそが!」というニュアンスで、イメージ的にはジャーーーン!と効果音がなってるかのような、漫画の集中線が描かれてるような感じです。

This is an apple. というとなんでもない1つのりんごを想像できますが、
This is the apple. というと、「このりんごから何か面白いエピソードがあるのかな?」とか、「このりんごはめちゃくちゃおいしい特別なものなのかな?」なんて色々想像を巡らせてしまいます。

最初に例文にした
This is a book.
This is the book.
も、前者は特に目にも止まらなさそうな一冊の本ですが、後者は「ん?一体何の本なんだ?この本に何があるんだ?」と気になって仕方がなくなってしまいます。

the は唯一無二、またはこれからその人・物について何か物語が始まる事を暗示させる記号みたいなものなのです。

映画でよく見る”the end”なんかは「これで終わり!」「他にないよ!」と言い切ってるのがわかりますよね。”the best”もこれこそが最高!と言い切ってます。唯一無二です。

もし映画の最後に “an end” なんてテロップが出てしまったら、しまりのないマヌケなエンドですよ。「え?他にもエンディングあるの?うそん!?」とぽかーん(*⁰△⁰*)でしょうし、ミュージシャンのベストアルバムに “a best” なんて表記されてたら「全然最高ちゃうやないかーーい!」とつっこまずにはいられない!(*´Д`)ノシやめさせてもらうわ

Let’s talk at the table. と言われたら、そこがカフェだとしたら、たくさんテーブルがある中の”そのテーブル”で話をするんだな、とわかります。そこが家のリビングだとしたら、ソファでもなく窓ぎわでもなく、”テーブルで”話すんだなと想像できるんです。

theはそのものを特定してくれる、印象付けてくれる、とても強い言葉なんです。

a/anとtheのニュアンスの違いわかりましたか?(^^)なんとなくでもOK

さぁ、その上で浪漫飛行です!私が気になって仕方ない歌詞を見て下さい。

Just a friend??

米米クラブの浪漫飛行、世代じゃない人でも一度は耳にしたことあると思います。YouTubeに公式動画がなくて挙げられないので、検索一覧のページだけ貼り付けておきます。知らない人はどうにかして見て下さい。

YouTube-米米CLUB浪漫飛行-検索ページ

時が流れて誰もが行き過ぎても
You’re just a friend この胸に

引用元:JOYSOUND カシレポ

という歌詞があるんです。
aとtheの違いを理解できた人ならもうお分かりだと思うんですが、

Just a friend ってなんなん!?( ´д`ll)そんな殺生な

日本語にしたら
「あなたはただの友達の一人にすぎない」(´Д`;)えーー

めっちゃいい歌なのに「そんなぁ…どらえもーん( ノД`)」ですよ。

そこは You’re just the friend がいいじゃんよー!You’re just my friend とかさー。何年経ってもこの胸に残る人なんでしょー? aはないよaは〜。大サビの一番イイとこなのに〜。

と、違和感ありまくりなワケです。ほんの数年前まで違和感ゼロで、20年以上ただただ「ええ歌や〜♡」と聴きまくってたのに。

a と the の違いがわかってしまうとこんなに印象が違って聞こえるんです。

まぁこれはただの揚げ足取りで、米米クラブは the のニュアンスで歌いたかったんだと思います。( `д´)ノそうだ!イチャモンだー!
*いちゃもん=言いがかり

ファンの方気分悪くされたらすみません。何かこだわりがあって the じゃなくaにしたのかも知れないですよね。つっこんでる私も自分の葬儀の時に流してほしいくらい愛してる曲だし、名曲だと思ってるし、これからも変わらず好きだという事だけは公言しておきます!

まとめ

a/an と the の違いがわかると今までなんとも思わなかった名詞のニュアンスがまったく違って見えるようになります。頭に浮かぶ情景が全然変わるんです。

a のポツン感、the のジャジャーン感がわかってもらえるようになったらめちゃめちゃ嬉しいです。

浪漫飛行をdisった感じになったけど、本当に私は斎場でこの曲とともに in the sky したいと夫に伝えてあります。夢とトランク一つ持って空へ旅立ちたい。こんな素敵な曲を世に出してくれた米米CLUBありがとう!

しかし夫は私を見送る時はスタンハンセンのテーマ曲を流すそうです。Σ(´Д`)なんでや!?
絶対夫より長生きしなければ…(´・ω・`)なんちゅうまとめ…

スポンサーリンク

シェアはこちらから!

フォローはこちらから!

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください