英語に標準語ってあるの?どこなの?

疑問に思ったことないですか?英語に標準語ってあるの?って。今日は英語の標準語・訛りについてお話します。

スポンサーリンク

英語に標準語は…あります

日本語の標準語は東京弁ですよね。厳密に言うとNHKで使われる言葉が標準語(共通語)と定義されているそうですが、私たちが認識している標準語は東京の人が話す言葉ですね。「~じゃん」は本当は横浜の方言らしいですけど、もはや標準語。話がズレて行きそうなので戻りますけど、日本の標準語はいわゆる東京人が話す言葉です。

同じように英語にも標準語はあります。

どこだと思いますか?やっぱり英語の本場イギリス?ということは首都のロンドンだよね!

ブブー!違います。ロンドンどころかイギリスでもありません。

えぇ!?英語の本場なのにイギリスじゃないの!?( ゚Д゚)うそん!?

ねぇ?どう考えても英語発祥の国が標準語だと思いますよねぇ。もし日本語が世界中で話されるようになったとして、日本語の標準語がタイのプーケットで話される言葉です、とか言われたらびっくりするし納得できませんわ。

でも英語の標準語はイギリスではありません。実はアメリカのカリフォルニアで話される英語が標準語とされています。

う~ん、イギリスじゃないならアメリカだろうなと予想はついてたけど、ニューヨークじゃなかったなんて…。首都のワシントンD.Cでもないなんて。( ゚Д゚)なかなか衝撃

私の友達Kate、Emmaはカリフォルニア出身。そしてMatthewはニュージーランド出身です。KateとMatthewが話をしている時に「Matthewの英語は訛ってるの?」とKateに聞いてみたら「えぇ。訛ってるわね。」と即答(笑)

Matthewも「うん。僕はNZアクセントだ」とKateの即答に苦笑しながら答えます。でも日本人が方言を隠して標準語で話す…ようなことはしません。MatthewはMatthewのままの英語で話します。

私はそんなにたくさんの外国人と友達ではないですが、今まで出会った色々な国の人たちは、自分の国の訛りの英語で堂々と話していました。

発音は本当に大切なのか

英語は発音が大切…ってよく聞きますが、私はそんなに大切だとは思いません。

と言うと語弊がありますが、英語を話す上で発音は最高課題ではありますが、最重要課題ではないと思っています。

日本人の完全なカタカナ英語だと通じるのがかなり難しいとは思いますが、日本人がなんとかがんばって練習した英語の発音なら問題ないと思うのです。そして「日本人は発音がなってないからダメ!ダメダメダメ!むきぃーー!!」と躍起になってダメ出しする必要もないと思っています。(*´з`)アメリカで歌手や俳優になりたいなら別だけど

知ってましたか?アメリカ本土の人たちは、ハワイの人の英語が聴き取れないんですよ!

え!?同じアメリカなのに!?ってびっくりしますよね。ハワイの人の英語は発音が全然違うそうなのです。

実はハワイの人はカタカナ英語に近い英語を話しているんです。ハワイ語が母音をしっかり発音する言語だからかな?と推測しています。日系人が多かったこともカタカナ英語に近い英語を話す人が多い理由かもしれません。(Shiki的見解)

私がハワイに行くと、ものすごく英語がうまくなったんじゃないかと自信持てるくらい聞き取れるんです。しかも私の英語も余裕で通じるのです。ハワイの人は日本人の英語に慣れているのだと思います。ハワイで英語話すと自信持てるのでハワイが好きです♡(´▽`)えへへ

EmmaにYouTubeでハワイの動画を見せたことがあるんです。「何言ってるか全然わかんない」って言ってました。(T_T)やっぱ私が分かる英語はカリフォルニア人にはわからないのね…

全然わからない、はさすがに誇張してるのだと思いますが、でもアクセントが全然違うそうなのです。ついでに以前紹介した One Pot Chef というオーストラリア人のユーチューバーの動画も見せてみたら「すごい!全然わかんない!(笑)」とびっくりしてました。

One Pot Chef の動画はこちらで観れます。

YouTubeで英語のリスニングを楽しもう!(おすすめ動画付き)
今日は私のおすすめのYouTube動画を紹介しようと思います。楽しく英語のリスニングができること間違いなしです! ハウツーモノがお...

Kateのおばあさんはフィリピン出身でハワイ在住です。なんとKateはおばあさんの英語がわからなくてお父さんに通訳してもらうそうです(笑) 英語を英語で通訳。ネイティブ同士なのに。不思議だけど本当の話。

発音にこだわりすぎるのはナンセンスかも知れない

今や英語はイギリス人とアメリカ人だけのものではありません。世界共通語となりました。世界中で話されているんだから、その国の訛りが出て当たり前です。英語を理解するにはその土地の英語を聴き慣れてるかどうかがカギになります。

・アメリカ本土の人はハワイの英語がわからないと言います。

・NZに住んでる日本人の友達は「アメリカ人の英語は崩しすぎてて聴き取れない」と言います。

・NZ人は隣の国のオージー英語が「訛りすぎ!」と言います。

・インド人の英語は th の発音が見事に”ティ”になるので(think=ティンク、everything=エヴリティング)、いろんな国の人から「聴き取りづらい」と言われます。

・アイリッシュ(アイルランド人)の英語はほぼ全員が「わかりにくい!」と口をそろえます。物まねの対象にもされます。

・フランス人の英語はhの音が落ちるので、he が「イー」となったり、howが「アウ」となったりして聞き間違うことがあります。

でも慣れればみんな聞き取れるようになります。カリフォルニアの英語が標準語と言われていますが、正しい発音って実は在って無いようなものだと思いませんか?発音に執着する意味ってあるのかな?と思えてきませんか?日本人の英語も…いや、”私の英語でも大丈夫かも!”って安心できませんか?自信湧いてきませんか?

Emmaの弟Nickがカリフォルニアから日本に遊びに来た時、Nickは私の英語がまったくわからなくて、Emmaに通訳してもらっていました。私、英語話してるのに英語を通訳されるのです。(ノД`)・゜・。自信喪失よ~~

しかも私もNickの英語が聴き取れませんでした。ネイティブすぎ。Nickは外国人と話すのがおそらく初めてだったと思います。ノンネイティブへの配慮の仕方を知りませんでした。Emmaはすごく手加減して話してくれてるんだなと、Emmaの優しさを知った時でもありました。

でも2日目にはNickは私の英語を聴きとってくれるようになりました。私は諦めていて、Emmaに通訳されるものだと思っていたのですが、Nickが「うん、そうだよね」と返事をしたのです。嬉しかったです。私も最後の方はNickの容赦ないネイティブ英語が少しわかるようになっていました。

会話って発音より相手を思いやる気持ちが大切だなぁと思いました。お互いが仲良くなりたいと思えば会話は成立するのです。

まとめ

英語の標準語はカリフォルニアです。

英語にも方言があって、方言は慣れれば聞き取れる。日本でも方言が強い地域の人の言葉が聴き取れなくても慣れるとわかってきますよね。でも自分がその方言のイントネーションを完璧にしなくても話は通じますよね。

英語も同じです。発音はキレイなのが良いにこしたことはありませんが、極端なカタカナ英語でない限り、恥じることはありません。フレーズと話すリズムが上手くなれば英語は通じます。

発音の問題に関しては私の考えに賛成できない人もいると思います。でも私はみなさんに自信喪失させる為にこのブログを作ってるのではないので、否定的なことは言いたくありません。発音はそこそこできれば通じます。めげずに行きましょう!

スポンサーリンク

シェアはこちらから!

フォローはこちらから!

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください