cryは泣くという意味だけで覚えていると残念

cry を「泣く」という意味で覚えているあなた!!そんな覚え方だと英語を楽しむ人生の半分cryくらい損してますよ!

まぁ半分は言いすぎですが、それcryくらい覚えてほしい意味なんです。では cry の本当の意味を紹介します。

スポンサーリンク

cryの意味は泣く…でいいよね?

cryという英語を聞いてすぐに思い浮かべるのは「泣く」という意味だと思います。

A little boy is crying. (小さな男の子が泣いている)

My daughter cries easily when things don’t go her way. (娘は自分の思い通りにならないとすぐ泣きます)

こんな感じで cry という英語を使ったり、意味がわかったりしていると思います。
でもこんな英語が出てきたら、ちょっとあれ?と思いませんか?

“You’re rude!” A lady cried.

“Hey, Matthew!!” Shiki cried when she saw him at a station by chance.

失礼な目に遭って泣くの?まぁそんな人もいるかな。
ShikiはMatthewと偶然会って泣くの?今生の別れでもしてたの?

と、ちょっと「ん?変じゃない?」と思ってしまう人もいるかと思います。これは cry を泣くという意味で覚えてしまっているからです。

逆に、

She cries silently.

と聞くと、英語に慣れている人はちょっと違和感を覚えます。(おかしくない場合もあります。その説明は後ほど)

ここまで読んで cry のコアの意味に気づいてきた人もいるかも知れませんね!では cry のコアの意味を紹介していきます!

cryのコアの意味

cryのコアの意味は“叫ぶ”です。

「大きな声で叫ぶ」というのが cry の大元の意味です。そこから声をあげて泣くという意味がついてきたのだと想像します。(後で調べた語源辞典にもそのような記述がありました)

洋書を読んでいるとさっきの例文 “You’re rude!” A lady cried. というような、!マークのついたセリフの後に cry と言う言葉が添えられている事が多くて気付きました。

私も「cry=泣く」という意味で覚えていたので、初めは「これ泣いてないよね?なんで cry なの?」と思ってましたが、何度も英語を読んでいくうちに「あ、これは”叫ぶ”がコアの意味で、そこから派生して”泣く”になったんだな」と分かるようになりました。

それからは泣く場面で cry という言葉が出てくると声をあげて泣いているイメージが浮かぶようになりました。

静かに泣く時もcry

でも声を出してなくても cry って言う人もいるよ?cry silently, cry quietly って表現もネット辞書に載ってたりするよ。( ̄д ̄)これはどう説明するのじゃ?

と思った人もいますよね。
cry は泣くという言葉で有名になりすぎて、cry が一般的な”泣く”という意味で認識されるようになったのだと思います。(Shiki的見解)

日本語でも涙流しただけで「号泣!」って表現するメディアも多いように、言葉は元の意味を無視してひとり歩きするものですからね。元の意味からは外れてるけど一般的に広まっている言葉はたくさんあります。cry もその一つだと思います。

なのでcryと聞けば、叫んでるのかな?声を上げて泣いているのかな?とイメージできるようになり、cry silently と付け足されていれば、声を殺して泣いているんだなと想像できるようになります。「silently って言ってるけど、心の中では泣き叫んでるのかも知れないな」と想像を膨らませたりして、英語の文を楽しむ事もできますよ!イメージできるって楽しいですよね(*^^*)

*coincidence はここでは「偶然」という意味

例文でcryの違いをイメージしよう

では今までの説明を踏まえて、例文で cry をイメージして頂きましょう。

日本人の倉井さんとイギリス人のClydeさんが洞窟にトレッキングへ行きました。あまりの暗さにびっくりして、(;´Д`)なんかもう想像できますわ…

“Clyde! 暗い!” Kurai cried at Clyde. (倉井はクライドに「クライド!暗い!」と叫んだ) ( ゚Д゚)舌かむわ!

そして倉井さんとClydeさんはランチに激辛麻婆豆腐を食べました。(;´Д`)あ、続くのね…

“からい!Clyde!” Kurai cries at Clyde. (倉井はクライドに「からい!クライド!」と叫ぶ)

あまりの辛さに倉井さんは涙が止まらず、(;´Д`)もう嫌な予感しかしない…

“つらい、Clyde…” Kurai cried. (倉井は「つらい、クライド…」と泣いた)

倉井さんとクライドさんのやり取り、イメージできましたか?
え?例文がおもしろすぎて、cry-laughing(笑い泣き)ですって!?そりゃブロガー冥利に尽きますわ♡ (´・ω・`)いや、みんな呆れて泣いてるんだよ

ぜひ例文を声に出して読んでみてくださいね!lとrとラの発音の違いもきちんとね!ちゃんとスラスラ読めるかな?いひひ… (´Д`)あ、読者さんのこと弄ぼうとしてる…

他の”泣く”という英語

cry は声を上げて泣くということはわかった。じゃあ声を出さないで泣くのはどんな英語なの?

と思ったアナタ!もちろん紹介しますよ!

tear … これは涙という意味ですが、涙を流すという意味でも使われます。shed a tear / shed tears という熟語でも表現されます。ぽろっと一筋の涙を流すところをイメージしてみてください。声も出さずに静かに泣いている感じがわかると思います。

weep … こちらはめそめそ泣いているイメージの英語です。うなだれて落ち込んでいるような、悲しそうな感じです。しだれ桜は英語で weeping tree と言いますが、そう名付けられた意味に納得しますよね。

sob … この英語はしゃくり泣きという言葉がしっくりきます。ひっくひっく肩を上げて泣いている感じです。こちらも cry と同じで号泣している感じも取れますよね。鼻水垂らしてすんごい顔で泣いてる姿が想像できます。

まとめ

cry は泣く。という意味だけで覚えていた人も、これからは頭の中にイメージを描いて cry という言葉を使ったり読み取ったりできるようになると思います。イメージが浮かぶようになると英語はますます楽しくなり、もっと英語を知りたいと思うようになりますよ!

英語のコアの意味を知って、どんどん広く想像できるようになりましょう。英語がどんどん上達します。

スポンサーリンク

シェアはこちらから!

フォローはこちらから!

コメントは…歓迎します!\(^o^)/

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください